【大人・子供も楽しめる】小湊鉄道・里見駅でやっている枝豆収穫祭に参加してきました!

      2015/08/10

千葉県の小湊鉄道沿線にある里見駅でやっている【枝豆収穫祭】に行ってきました!
7月の終わりから8月の始めに開催されるこの収穫祭ですが、私は知らなかったですが毎年多くの人が参加しているらしく大人も子供も楽しめるイベントになっています。

小湊鉄道についてはこちらを参考にどうぞ
⇒ 東京から1時間で別世界!鉄道好きでなくても楽しめる小湊鐵道に乗ってきました!

夏といえば、ビールに枝豆ですよね〜!
とれたての枝豆がこれでもかってくらい収穫できるので、家族連れで参加してみてはいかがでしょうか。

地元の人も暖かい人ばかりで楽しめるイベントなので、都会に住んでいる人にこそ【枝豆収穫祭】を知ってもらい、魅力的に感じてもらえたら参加してもらいたいなという思いも込めて紹介したいと思います。

あ、最初に伝えておきますが虫がダメな人は結構厳しいのでやめておいたほうがいいかもしれません。
ちょっとくらいだったら大丈夫という人は平気だと思います。

枝豆収穫祭に参加する方法

枝豆収穫祭に参加するには以下の条件をクリアしましょう。

参加費用

大人3,000円、子供2,150円(1名税込)
この費用には五井駅から里見駅までの往復運賃・昼食・枝豆収穫費が含まれています。

開催日

毎年収穫のタイミングに合わせて開催されますが、2015年は7/25(土)・7/26(日)・8/1(土)・8/2(日)の4日間でした。
土日のみの開催になります。

会場

市原市本郷地区 里見駅より10分
里見駅で案内する人がいて段取りの説明や誘導をしてくれるので初めてでも安心して参加できます。

受付

事前申し込みの上、小湊鉄道の五井駅で会員券(参加証)を購入しましょう。
当日受付もできますが、お昼にでるお弁当の手配ができない為、不可となっています。

問い合わせ先
小湊鉄道運輸課
0436-21-6771

参加してわかった持参したほうがいいもの

・軍手
私達は持って行かなかったのですが、土に埋まった枝豆を抜くため、軍手はあると便利です。

・ペットボトルの飲み物
日中暑いので飲み物は必須ですね、枝豆を収穫する畑周辺にはないので里見駅前に自動販売機で調達しましょう。

・着替え
日中の作業になるので当然汗をかきます、着替えは必須ですね。

・汗を拭くもの
シャワー施設などはないので、体を拭くシートを持って行くと便利ですよ。

・タオル
タオルは2枚くらいもっていったほうがいいですね。

・帽子
陽射しが強いので帽子も極力かぶっていきましょう。

・日傘
これ必須ですね、女性は日焼けしてしまうと大変なので日焼けのケアをしましょう。

・運動靴
土の中での作業になるので汚れても平気な靴にしましょう。

・日焼け止めクリーム
女性は必須ですが、男性も陽射しが強いので持っていくのをおすすめします。

当日の流れ

小湊鉄道 枝豆収穫祭

事前に予約申し込みを済ませておいたら、当日は五井駅の小湊鉄道の入口まで行き料金の支払とチケットを交換します。
階段を降りると駅員さんがいるのでそこで枝豆収穫祭に参加の旨を伝えて、名前を伝えれば後は色々進めてくれます。
これがチケットとお弁当の引換券になります。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

受付が済んだら電車に乗り込みます。
五井駅から里見駅までは途中12の駅をこえて、40分くらいでつきます。
里見駅を出るとかぼちゃが出迎えてくれます。
かぼちゃに傷をつけておくとかぼちゃが修復しようとして形を作るんだそうです。
その習性を利用して文字にしたらしいです、かわいいですよね〜

小湊鉄道 枝豆収穫祭

小湊鐵道についてはこちらの記事を参考にどうぞ。
東京から1時間で別世界!鉄道好きでなくても楽しめる小湊鐵道に乗ってきました!

里見駅に降りるとすぐに枝豆収穫祭のスタッフである喜動房倶楽部の方が待ってくれているので、申し込みをします。
この日の参加者は15名程で年配の方や子供連れの家族の方もいらっしゃいました。
最大50人くらいは参加が可能らしいので、大勢でも参加できます。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

枝豆を収穫するにあたって収穫した枝豆を縄で結んで持っていくため、名前を書いて縄につけておきます。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

受付が終わったら、枝豆がある畑まで歩いて向かいます。
畑までは10分くらいなので風景を楽しんでいるうちに着きます。
入口には大きな看板があります。
8/9と書いてありますが、おそらく去年のでしょうね。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

こちらが枝豆の畑です。
最終日ということで結構抜き取られていましたが、それでもかなりの量の枝豆が残っています。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

荷物を置いて休む間もなく枝豆の収穫が始まります。
皆さん慣れているのか、テキパキ枝豆を引っこ抜き始めました。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

こんな感じで枝豆がついているので根っこごと引っこ抜きます。
葉っぱも含めてなのでかなりの大きさになりますが、最終的には枝豆だけを切り取ります。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

それを束にしてわかるように置いておいて、ある程度まとまったら縄で縛ります。
あまり欲張りすぎると縄が切れるので気をつけましょう。
今回3人で参加したのですが、3本の縄を縛って長くしていっぱい持って帰ろうという作戦をたてたのですが、重すぎて縄が切れました(笑)

収穫した枝豆を軽トラックに移して運んでもらいます。
おじさんは俺は運転うまいからまかせろ!って言ってましたが、枝豆の量が多すぎておそらく移動中に少し落ちてたと思います。(笑)
夢中にやっていたので、どのくらいの時間が経ったのかはわかりませんがおそらく1時間くらいだったと思います。
暑いので短時間にササッと収穫する感じでした。

雨の日でも収穫祭はやるらしいので当日天気が怪しい時は傘やレインコートを用意した方がいいと思います。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

収穫が終わったら駅に戻るのですが、その途中に色んな作物があってそれもおまけで収穫させてくれます。
本来とうもろこしは1本100円で収穫させてくれるそうなのですが、今年はあまりデキがよくなかったらしく無料で持って行っていいよ〜って行ってたので、適当に大きそうなのを2,3本もらってきました。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

小湊鉄道 枝豆収穫祭

ブルーベリーも栽培していてこれもいただきました。
当たり外れがあって酸味の強いものもあれば、すごい甘いのもありました。
とても美味しかったです。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

そして駅に戻ると、昼食をとります。
疲れた体に酢飯が染みてとても美味しかったです!
かんぴょうが緑やピンクに色づいていて色鮮やかでした。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

昼食が終わったら、ブルーシートの上で座りながら枝豆を取り出す作業をします。
最初は新鮮だったのでサクサクやっていたのですが、かなりの量があるのでこの作業が大変でした!

小湊鉄道 枝豆収穫祭

こんな感じで袋にどんどん入れていきます。

小湊鉄道 枝豆収穫祭

スタッフのおじさんが採れたての枝豆を茹でてくれて、もってきてくれました!
すかさずビールを購入して乾杯ですよ!
そしてさらに枝豆を外すという作業効率は低下していきました(笑)

小湊鉄道 枝豆収穫祭

最終的に1時間半くらいやってこれが4袋分の収穫になりました!
嫁曰く、『スーパーで買ったら5,000円分だな』と言われましたが、5,000円分も収穫したら上等ですよね〜!
しかも交通費と食事代も込みで3,000円なので完全に元は取ったぞ〜〜
良い経験もできたし、大満足です!

小湊鉄道 枝豆収穫祭

そして片付けをして枝豆収穫祭は終了となりました。
帰りの電車の時間に合わせてスタッフの方が声をかけてくれるので、安心して作業ができました。
我々はビール飲んでダラダラ作業してたので、電車には当然間に合いませんでしたが(笑)
里見駅で他の所も回ろうと思っていたので、枝豆収穫祭の方々とはここでお別れしました。

スタッフのおじさんやおばさんが気さくに話かけてくれるので、和やかなムードで体験する事ができました。
また来年も来れたら行きたいなと思います!

枝豆収穫祭を運営している、喜動房倶楽部ではツイッターをやっているのでこちらでリアルタイムな情報を見る事ができます。
気になった方はフォローしておきましょう!
⇒ 喜動房倶楽部

初めての枝豆収穫でしたが、非常に楽しめてよかったです。
家に帰って自分で採った枝豆をビールと一緒に食べたら美味しいですよ!

【追記】
翌日に枝豆を茹でて美味しくいただきました!
豆の味が濃厚で普段食べている枝豆よりも、自分で収穫したのもあってさらに美味しく感じました!
豆知識ですが、収穫したての枝豆を湯がいて、水分をしっかり切ってから冷凍すると1年間は持つそうですよ〜

小湊鉄道 枝豆収穫祭

農業体験などに最近興味津々な@自由堂でした。
ではでは〜!

amazonタイムセールはこちら

スポンサーリンク

 - その他の地域情報, エンタメ情報, スポット・イベント情報, 千葉県の地域情報