私が家庭菜園をはじめた理由

   

タイトルの通りですが、家庭菜園を始めてみました!
@自由堂です、こんにちは。
以前から興味が農業ですが、ようやくはじめました!

私が家庭菜園をはじめた理由

ずーっと前からやろうと思っていた農業を家庭菜園という形で夫婦でやることになりました。
うまく言葉で表現できないのですが、ずっと魅力を感じていたのですが重い腰が上がらずそのままにしてたのですが、せっかくモノログというメディアを運営して多くの人に見てもらえる環境もあるので、これから家庭菜園を始めようと思っている方や始めたばっかりの人に少しでも参考になればと思って先の難しい事は考えずにとりあえず始めてみた次第です。
全くのゼロからのスタートなので多くの失敗をすると思いますが、失敗も含めて記録をしていこうと思います。

自分が家庭菜園始めようと思った理由

最初なのでなぜ家庭菜園を始めたのか?という理由を私なりに簡単ですがまとめてみました。

自家製の野菜が食べたい、食の安全的な意味も含め

今まであまり気にする事はありませんでしたが、結婚をして妻と生活をするようになってから今までの当たり前のものに疑問を感じるようになりました。
これって今まで何も感じませんでしたが、食品の偽装や多くの社会問題など色んなニュースを見ているうちに『スーパーで売っている野菜は安心して食べられるのか?』と思うようになりました。
全てを自給自足する事は難しいですが、自分で育てた野菜なら色んな意味で安心ですし余計な心配もありません。

野菜が好きなので美味しい野菜が食べたい

単純に野菜が好きなんです。
お肉やお魚ってとても美味しいのですが、毎日食べたいかと言われると答えはNOだったりします。
だけども野菜は毎日食べても飽きないですし、多くの料理に使えるので万能なところに個人的に大変魅力を感じています。
後はスーパーなどで買う野菜ってその野菜特有の味が薄いんですよね。
これって農家直売の野菜を食べると非常にわかるのですが、同じ野菜でも味が全く違うんです。
この違いって野菜が好きな自分にとっては大きな問題であったりします。

農業に対して興味がある

これは冒頭でも説明しましたが、かれこれ5年前くらいから漠然と農業に対して興味があって知り合いには何か話すきっかけがあれば言っていました。
昨年に枝豆収穫祭に行き、年末には野菜の収穫体験に行った事もありそろそろ自分で何かやろうと思って行動にうつしてみました。

夫婦で共通の趣味を増やす

これは農業に直接関係する事ではありませんが、夫婦で共通の趣味を持つ事って大事だと思っていて妻も家庭菜園に対して興味を持っていたので一緒に始めようと自然の流れでそういう話になりました。
大事な事なので2回言いますが、夫婦で共通の趣味を持って同じ事をしたり、同じ時間を共有するって大事ですよ。

家計が助かる

今までお店で買っていた野菜を自宅で育てるようになれば外にでるお金も節約できるので家計が助かりますよね。
これからどんどん高くなる消費税も支払う必要もないですしね。
家庭菜園で浮いたお金をコツコツ貯めて旅行にでも行けたらいいなと淡い期待を抱いています(笑)

将来子供ができたら食育をしてあげたい

まだ子供はいませんが、子供ができた時に食育をしてあげたいと思っています。
その為には勉強をして知識をつけるよりも、自分達がやる事が一番の近道だと思うし自分の言葉で伝える事ができるので少しずつ体験して勉強できればと思っています。

災害時に備える

これからどんな事が起こるかわかりませんが、市場に食べ物がなくなる事もあるかもしれません。
そうなった時に何の生産手段も持っていないのは危機管理面でもよくないですし、ちょっとした知識や経験があれば何かの役に立つと思います。
できればそんな事があってほしくはないですが、備えあれば憂い無しですからね。

ざっと思いつく限りはこんな感じです。
これから続けて行く上で更にメリットが発見できるかもしれないのでその都度追加していくかもしれません。

次ではうちで育てる野菜についての紹介をしたいと思います。
⇒ 家庭菜園で育てている14種類の野菜達(2016年3月現在)

amazonタイムセールはこちら

スポンサーリンク

 - ライフログ, 家庭菜園の記録