【体験談】実際にHULUを3年間以上使い続けているからわかるメリット・デメリットを紹介!

      2015/11/05

スポンサーリンク

動画オンデマンドサービスのHULUって使った事ありますか?

私は3年以上HULUを使っています。
最初は無料トライアルで見たいものだけ見たら、有料会員になる前に解約しようと思っていたのですが、それから早3年以上も継続して利用しています。
解約をし忘れたわけでもなく、毎月一定以上の時間をHULUに費やしているわけですが、3年経った今でも全く飽きがなく飛行機などの交通機関の待ち時間や通勤時などで使っています。
これだけ使っているからわかるレンタルビデオにはできない、HULUの楽しみ方を私の体験談を踏まえて紹介します。
時代はオンデマンドですよ。

様々なデバイスで見れる

対応しているデバイスが多いってかなり便利です。
これ重要です。

HULU

アカウントとインターネット回線があれば、テレビでもゲーム機でもスマートフォンでもタブレットでも見れます。
私は主に出張時や長時間の移動を伴う時にタブレットで見ています。
通勤電車で気分転換したい時はスマートフォンでも見れるので、混雑していてもあまり周りの人に迷惑もかからず気づいたら目的地付近までついているので、楽しみながら通勤できるしストレス軽減にもなっています。
家ではデスクトップパソコンとノートパソコンで作業をしながら、延々と流したりしています。

登録するデバイスの台数に制限があったりすると使いたい時に使えないなど、ちょっとしたストレスを感じる事があるので、その場の状況に合わせて使い方を変える事ができるのが非常に使い勝手が良いです。

見たい時に見れる

レンタルと違うのがオンデマンドの大きな違いですよね。

例えばレンタルの場合は借りたら返さないといけないので、見る為の時間と環境を用意しないと見る事ができません。
これって結構大変で映画を見るとなると2時間は時間を空けないといけないので、隙間時間で気分転換したくても映画を見る為の時間を作る事が日常生活では難しかったりします。

HULUだと、映画も途中まで見て次の日に続きを見たりできるので自分が見たい時に少しだけ見る事ができます。
映画を分割して見るって邪道だって思う人もいるかもしれませんが、実際にこういうスタイルで慣れるとあまり気にならなかったりします。
時間が取れる時にはしっかり通して見ればいいわけだし、映画以外の作品だと45分で終わるドラマなども多いのでその人にあった時間の使い方に合わせて作品を選べば、自分の都合の良いタイミングで誰にも気を使わず楽しむ事ができます。

レンタルショップに行って借りて返す手間がめんどくさいのもHULUを使えば一切ありません。
近くにレンタルショップがない地域でもインターネットが使えればいつでも使えます。
引っ越しをしてわかったのですが、都内や都市郊外に住んでいると気づきませんが地方に引っ越しをすると娯楽施設が極端に少ないので、本屋やレンタルショップなどもあまりないのが現状です。
わざわざ映画をレンタルする為に、車で10分以上かけて行くなんて私は考えられないです。
よく返却期間を忘れて何度も延滞料金を取られていました。
相当無駄なお金と手間をかけていましたが、支払を忘れたら見れないだけなのでオンデマンドだったらまずありえない事ですね。

思わぬ名作と出会う機会が増える

これもオンデマンドの醍醐味の一つですね。
自分が見たい映画やドラマ以外にも名前だけは知ってるけど、映画館に行くまではなぁ〜という作品やテレビで再放送してたのを見逃したなど様々な理由で見る事を忘れてしまった作品、自分が知らなかった作品がいっぱいあります。
そういう作品を知る、見るきっかけがいっぱいあって雑誌の立ち読み感覚でちょっとだけ見て面白かったらそのまま見るって事もできます。
レンタルだったらこういう借り方はもったいなくてできませんし、借りようとも思わないですよね。

HULU

ふなっしーには悪いけど、この作品を私はレンタルすることはないですがこうやって新着でのってたりすると少しだけ見てみたいなと思って視聴しちゃったります。
こんな感じで普段見ないような作品に気軽に触れる事ができます。

一定の期間で見たい作品がリリースするので常に見たい作品がある

hulu
HULUで唯一の弱点は新作の映画がないことです。
これは新しいもの好きな人にはかなりデメリットに感じるかと思いますが、海外・国内ドラマは比較的新しいものが見れます。
最近はテレビ局で放送されている人気のある番組も見れるので、テレビがない人でも楽しめます。
特に一人暮らしの友人に比較的多いのですが、テレビを見ない人も結構いるんですよね〜。
こうやってオンデマンドで楽しい番組を知って見る事もできます。

週に一回くらいのスパンで新しい作品がアップされるので、それをお気に入りに入れて時間のある時に見るようにしています。
新作の案内はメールマガジンでも知る事ができるので便利です。

子供の遊び道具に最適

hulu
これだけでも小さい子供がいる家庭ではHULUを契約するに値するかと思います。
アンパンマンや妖怪ウォッチなど定番物が揃っているので、外出先にタブレットで見させておけば静かにしてくれるでしょう。
テレビで子供にアニメを見させておいて、自分はタブレットで映画を見るなんて事も可能ですね。
大人も子供も楽しめるのがHULUの魅力の一つです。

実際に私が見た作品

もうかなりの作品をHULUを通して見たので全てを挙げるのは難しいですが、私が見た作品の中でオススメする作品を紹介したいと思います。

海外・国内ドラマ

海外ドラマは長編作品も多いので、一度見始めるとかなりハマりますよ〜。
HULUの魅力は海外ドラマにあるといっても過言ではないくらいに作品も充実していて、全て見た時のやってやった感がすごいかなりあります。
後は、単純に一つの作品の話が長いのでレンタルで見ようとするとかなりの金額になりますがHULUだったら月額980円で好きなだけ見れるので大変お得です。

まずはHEROES。


現在話の途中で制作が止まっているらしいですが、続編に期待!

LOST

シドニー発ロサンゼルス行きオーシャニック815便が南洋の島に墜落。
48人の生存者が繰り広げる壮大な物語。


一番最初に見た海外ドラマ。
ここから海外ドラマ漬けの日々になりました。

プリズンブレイク

副大統領の兄弟殺しという世間を騒がせた殺人事件で濡れ衣を着せられ、死刑囚となった放蕩者のリンカーン・バローズ。兄リンカーンの無実を確信したマイケル・スコフィールドは自ら銀行強盗を犯し、兄が収監されているフォックスリバー州立刑務所に入所する。建築技師として刑務所の設計に携わったマイケルは、兄を救出すべく鉄壁の監獄から脱獄する緻密な計画を企てる。脱獄までのシーズン1、逃亡生活を描くシーズン2、そしてシーズン3で待ち受ける兄弟の運命は…?

毎日家に帰ったら2.3話見てましたね、中毒性があって吸い込まれるように見てました。

24

キーファー・サザーランド扮するジャック・バウアーがヒーローの大人気テレビドラマ。
全シーズンで共通するのはリアルタイムなストーリー展開。1日の出来事が、1話1時間の24話構成で描かれている。

定番中の定番ですね、これも全て見ました。
season1のキーファーサザーランドが若い!

ウォーキングデッド

“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカを舞台に、保安官リック率いる生存者たちが、安住の地を求めて恐怖に立ち向かう姿を描くヒューマン・ドラマ。

自分の中で大ヒット!
結構ウォーキングデッド好きな人は多いはず!
HULUだとシーズン4までしか見れませんが、かなりハマりました!
ホラー映画が嫌いな人は絶対見るのをやめましょう。

HOMELAND

テロを未然に防ぐべく闘うCIAと“戦争の英雄”の息詰る攻防戦をスリリングに描いた『HOMELAND/ホームランド』は、アメリカの現代社会が抱える闇に鋭く切り込み、スピーディな展開でぐいぐいと観る者を引き込んでいく。

まだまだ続編に期待!

マスケティアーズ

マスケティアーズ

舞台は17世紀のパリ、まだ法による秩序が確立されていない時代。ルイ13世に仕える近衛銃士隊の中でも、特に三銃士と名を馳せているのがアトス、アラミス、ポルトスだ。彼らは固い絆と、死をも恐れぬ忠誠心、そして正義を貫く精神で結ばれている。この三銃士にダルタニアンが加わり、最強チームを結成。この鍛え抜かれた戦士たちが、名誉、勇気、愛、そして時には刺激を求めて戦う。

毎話ワクワクしながら見れる作品で壮大な景色や本格的なアクション。
続編をやって欲しい作品の一つ。

孤独のグルメ

個人で輸入雑貨商を営む男・井之頭 五郎 (いのがしら ごろう) が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様子を淡々と描く異色のグルメドキュメンタリードラマ。原作は単行本・文庫本合わせて累計20万部を突破しているロング&ベストセラーコミック。登場する店は全て実在し、ドラマオリジナルの選定となる。ただ料理のうんちくを述べるのではなく、ひたすらに主人公の食事シーンと心理描写をつづり淡々とストーリーが流れていく。

HULUで知った面白いドラマ、シュールなんだけど毎回魅き込まれてしまう。
出てくるご飯が非常に美味しそうなので、夜中に見るのは禁物。

深夜食堂もあったのですが、今は見られなくなってました。。

龍馬伝

「幕末史の奇跡」と呼ばれた風雲児・坂本龍馬33年の生涯を幕末から明治にかけての屈指の経済人・岩崎弥太郎の視線から描きます。土佐から江戸、そして世界へ…。龍馬の行くところ、時代が怒とうのように動きはじめる。土佐に生まれた名もなき男が、幕末の動乱で薩長同盟に尽力し、明治維新を大きく進める原動力となった姿を描きます。

龍馬伝

龍馬伝に始まり、今は見られなくなっていますが天地人などのNHKの大河ドラマにもハマってかなりの作品を見ました。
他にもテレビで見逃した人気ドラマもかなり見ました。

DEATH NOTE

警視庁の刑事部長を父に持つエリート大学生・夜神月 (やがみライト) は、ひょんなことから「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と書かれた死神のノートを手に入れる。試しに有名殺人犯の名を書き込んでみると、翌日の新聞にはその男の獄中死が報じられていた。ノートの力が本物だと悟った月は、自らの手で犯罪者を裁き、新世界の神になることを決意。月はキラと名乗り世界中の犯罪者に制裁を加えて行くが…。

DEATH NOTE
最近ドラマが始まったDEATH NOTEの映画を見た事が無かったのですが、ドラマを見て気になったので見ました。

他にも洋画・邦画もかなりの数があって非常に楽しめます。
アニメはあまり見ていませんが、エヴァンゲリオンや宇宙兄弟・カイジなどの人気の作品も見れます。

まずは2週間無料のお試しをしてみて、まだまだ楽しめそうなら月々の契約を検討するのがオススメです。
実際月々の契約にしても時間がなくて見れなかったり、無料期間だけで見たい作品を見てしまうというケースもあると思うので。
ただし、自分で解約をしないと2週間後に有料の会員に自動で移行してしまうので、無料期間で終了する場合は手動で解約をしましょう。

無料の申込はこちらからできます。

まだまだHULUのお世話になりそうです。
面白い作品があったらまた紹介しますね〜
@自由堂でした。
ではでは〜!

amazonタイムセールはこちら

スポンサーリンク

 - IT系, サービスなど, ライフログ, 実際使っているおすすめのモノ