TransmitのFTP情報(お気に入り)をバックアップして復元する方法

      2015/08/10

スポンサーリンク

バックアップって大事ですよね。

普段作業で使っているimacが故障してしまい初期化をしました。
これだけは無くなったらマズいというファイルはしっかりバックアップしていたのですが、その際にFTPクライアントのTransmit上のFTP情報(お気に入り)のバックアップを忘れてしまい、復旧に時間がかかりました。
最初からバックアップをしておけば、手間をかける必要もなくものの1分で復旧ができたはずなので自戒を込めて記事にします。

ステップは2つだけなので、記事を見ながらやればすぐにバックアップと復元ができます。

Transmitのデータを書き出す方法

TransmitのFTP情報をバックアップして復元する方法

まずはデータを抽出するために、Transmitを起動してお気に入りを選択。
そして書き出しをしましょう。

TransmitのFTP情報をバックアップして復元する方法

そうするとこのような画面が表示されるので、管理がしやすい名前に変更をして保存をしましょう。
違うPCにデータを反映させたい場合は、DROPBOXやメールで転送をしましょう。

Transmitのデータを読み込む方法

TransmitのFTP情報をバックアップして復元する方法

書き出しをしたデータを次は読み込みます。
Transmit ⇒ お気に入りを選択。
書き出しの中からTransmitを選択して下さい。
そうするとお気に入りを読み込む画面になるので、先程書き出した復元したいファイルを選択しましょう。

そうするとバックアップしたデータがTransmit上に反映されます。
読み込んだデータはバックアップとして保存しておきましょう。

この方法をうまく使えば、バックアップと復元以外でも使えます。
制作会社などの複数の人が同じFTP情報を共有する必要がある環境でも、お気に入りファイルを受け渡しして読み込むだけで同じFTP環境を構築する事ができるので大変便利です。
手間をかけずスムーズに環境を構築できるのは素敵です。

他のバックアップも取り忘れたので、地道に復旧していこーっと。。
こういう環境になってバックアップのありがたみが身にしみるんですよね〜。
@自由堂でした。
ではでは〜!

スポンサーリンク

しろいの梨ポータルサイト