朝の支度時間を5分短縮する方法

      2015/10/13

スポンサーリンク

朝の5分って大きいですよね〜
後5分早く起きれば遅刻しなかった。
後5分は約起きれば一本早く電車に乗れた。
など、朝の5分には色々なストーリーが潜んでいます。

私は朝起きるのが非常に苦手なので、結構ギリギリまで布団の中にいる人なのですがゆっくりしすぎて遅刻ギリギリに出る事が多かったりします。
顔を洗って、髭を剃って、髪の毛をセットして、着替えて、朝食をとって、歯磨きをしてと、朝にやる事がそもそも多すぎるんですよね〜
今回紹介するモノはそんな朝の忙しい時間帯に必ずしなければいけない歯磨きの時間を短縮する為のツールです。
感がいい人はもうわかってらっしゃる人が多いかもしれませんね、『電動歯ブラシ』です。

それでは実際に電動歯ブラシを使う事で得られるメリットを紹介したいと思います。

時間を有意義に使える

手動で歯磨きをしていた頃はしっかり歯磨きをするには私の場合10分程かけてやっていましたが、電動歯ブラシに変えてからはおよそ4分程度で終わります。
一回の歯磨きで6分の短縮ができました!

歯磨きって朝だけではないので、朝と夜に歯磨きをする人の場合(私)だと
一日12分の短縮
一週間で84分(1時間半程度)の短縮
一ヶ月で360分(6時間)の短縮
一年間で4,380分(73時間=3日間ちょっと)の短縮
生涯で考えると…かなりの時間短縮になりますよね〜

よく時間を効率良く使って生産性を上げよう的な自己啓発本とか見ますが、その前に歯磨きを手動から電動に変えるだけでこれだけの時間を作り出す事ができると胸を張っていいたいと思います!(ドヤ顔)

まぁここまで極端に考えなくても、朝の眠くて忙しい時間帯にできるだけ楽に支度をしたい人は十分に検討する価値はあると思います。

一本で家族全員が使えるので便利

朝の支度時間を5分短縮する方法

ほとんどの電動歯ブラシはそうだと思うのですが、ブラシの部分を付け替えできるので一本あれば複数人で使い回す事ができます。
ブラシに色のついたゴム(買った時についている)が入っているのでそれを巻けばパッと見で誰のブラシなのかもわかります。
ただ、同じ時間に複数人が使う場合は複数台用意しないとケンカになるので気をつけましょう。
我が家は妻と自分だけなので、何のストレスもなく使う事ができています。

簡単に早くキレイに汚れが落とせる

電動歯ブラシにしてわかったのは、手動の歯磨きだとしっかり汚れが落とせていない事でした。
だって電動歯ブラシで磨いた後のは歯は、ツルツルして気持ちいいんです。
これは実際に経験しないとわかりませんが、一回経験するともう後戻りできませんよ〜
『自分の歯ってこんなにツルツルしているんだ』って電動歯ブラシに教えてもらいました。
口の中の汚れをしっかり落とす事で完全ではないですが、歯周病の予防にも繋がります。

朝の忙しい時間に何かをしながらでもできる

これも電動歯ブラシにしてわかる大きなメリットです。
電動歯ブラシだと、口元に集中しなくても歯が磨けるので何かをしながらでも十分に歯が磨けます。
髪の毛のセットをしながら、洋服に着替えながら、テレビや新聞を見ながらでも大丈夫です。
片手でできる朝の支度をこなしながら歯磨きができます。

ブラシも純正品でなくても利用が可能

これは裏技ですが、純正品のブラシでなくてもブラシが使えるので普通の歯ブラシと同じくらいの値段で電動用の替えブラシを購入できます。
最近買ったのだと4本の替えブラシで230円くらいだったので、歯ブラシ2本分程度ですね。
一月に一本はブラシを替えるのでかなり経済的で節約になります。

他にも実際に使ってみてわかるメリットはかなりあると思います!
手動で歯磨きをしているみなさん、是非電動歯ブラシを使いましょう!

私は実際に『電動歯ブラシ』を使う事で朝の支度の時間短縮に成功したので、まだ手動で歯ブラシを使っている人は日々の生活の当たりまえを見直ししてみてはいかかがでしょうか。

あー、紹介を忘れましたが私が使っている電動歯ブラシはこちらになります。
買う前に色々調べた&実際に使っている人に聞いたのですが、フィリップス製の電動歯ブラシが丈夫で長持ちするらしいです。

朝の支度時間を5分短縮する方法

朝の支度時間を5分短縮する方法

色々種類はありますが、初めて電動歯ブラシを使う人はどの種類を使っても感動する事間違い無しなのでオーソドックスで安いこのシリーズがおすすめです。

楽天でポイントを貯めている人はここらがおすすめです

替えブラシはこれを購入して使っています。
値段も純正品の10分の1以下だったので、本当に使えるか不安でしたが問題なく使えます。(使用する際は自己責任で)

@自由堂でした。
ではでは〜!

amazonタイムセールはこちら

スポンサーリンク

 - ライフログ, 実際使っているおすすめのモノ