EC CUBE2.13で自動住所入力機能が動かない時に解決する方法

      2016/06/01

EC CUBEの2.13のバージョンで自動住所入力機能がエラーになってしまう時の解決方法を紹介します。
@自由堂です、こんにちは。
カゴ落ちを防ぐ為にこういった機能は効果がありますが、エラーになってしまうと逆にカゴ落ち率を高める結果になってしまうので早急に対応しましょう。

インストールしたままでは使えない自動住所入力機能

EC CUBE2.13で自動住所入力機能が動かない時に解決する方法

慣れている人やWEB制作をしている人ならエラーがスルーして自分で入力して購入してくれる人もいますが、ネットショッピングに慣れていない人だとこういったエラーが出るだけで怪しく思って離脱してしまう事もあります。
せっかくここまで集客したのにもったいないですよね…
なのでこういう不具合はすぐに対応しないといけません。

この自動住所入力機能ですが、インストールしてすぐには使えません。
どうしてインストールした時に最新版をダウンロードするといった機能がないのでしょうね。。
EC CUBEを使っているとこういった特殊な不具合に時折遭遇しますよね。

解決方法はこれだ!

EC CUBE2.13で自動住所入力機能が動かない時に解決する方法

EC CUBEの管理画面に入って基本情報管理のタブをクリック、郵便番号DB登録というのがあるのでクリックして下さい。
するとこのような画面になります。
今までこの機能って何だろうって思っていましたが、こういう時に使うんですね。

クリックすると【自動登録】【DB手動登録】【郵便番号CSV更新】【削除】の4項目があるので自動登録を選択しましょう。
他の機能は手間がかかるのであまりオススメできません。
自動登録ボタンを押すと勝手にDBの読み込みが始まります。
時間にして5分くらいでしょうか。
完了するとサイト内にある自動住所入力の機能が使えるようになります。

簡単でしょ?
でも知らないと色んな可能性を疑って調べたりするので時間がかかるんですよね〜
これでカゴ落ち率も少しは下がるはず!?

amazonタイムセールはこちら

スポンサーリンク

 - IT系, wordpress