釧路空港で定番のお土産といったら『丹頂鶴の卵』は抑えておきたい一品

   

スポンサーリンク

釧路空港に行ったら抑えておきたいお土産の一つ『丹頂鶴の卵』について紹介。
@自由堂です、こんばんは!
仕事で初めて釧路空港に行ったのですが、どんなお土産が定番なのかを紹介している情報があまりなくて困ったのでこれから釧路空港に行く人の参考になればと思い記事にしてみました。

釧路といえば丹頂(たんちょう)が有名

釧路空港で定番のお土産といったら『丹頂鶴の卵』は抑えておきたい一品

突然ですが、釧路空港の正式名称って知っていますか?
たんちょう釧路空港というのが正式な空港名なのです。
空港内でも丹頂鶴の模型や写真などが飾られいるので、知識がない人でも釧路って丹頂鶴が有名なんだなというのがわかると思います。

釧路空港で定番のお土産といったら『丹頂鶴の卵』は抑えておきたい一品

釧路湿原には天然の丹頂が生息しているそうです。
模型でしたが、羽を広げた姿はとても大きく品のある姿でした。

釧路空港で定番のお土産といったら『丹頂鶴の卵』は抑えておきたい一品

こちらも釧路空港内に飾ってあったものです。
最初は気づきませんでしたが、よーく見て見ると丹頂の形をしていました。
話がだいぶ逸れてしまいました。

今回紹介する『丹頂鶴の卵』は実際の卵とは違いますが、丹頂の卵をモチーフにした優しい味のするお菓子になります。

発売は平成元年、歴史のあるお菓子

釧路空港で定番のお土産といったら『丹頂鶴の卵』は抑えておきたい一品

『丹頂鶴の卵』を作っているのは昭和35年創業の長谷製菓株式会社さんという会社さんです。
透明度が世界で2位の景勝地として有名な摩周湖の麓にあります。
『丹頂鶴の卵』以外にもかわいらしいマトリョーシカをモチーフにしたパッケージのお菓子やラングドシャなども販売しています。
オンラインで購入できると書いてありますが、購入ボタンが見つかりませんでした。
長谷製菓株式会社さんのホームページはこちら

釧路空港で定番のお土産といったら『丹頂鶴の卵』は抑えておきたい一品

こちらは釧路空港のお土産販売店で取った一枚ですが、5個入りの商品が最後の1つでした。
皆さん、定番のお土産でお手頃価格なので5個入り(540円)を買う方が多いのかもしれません。

甘さ控えめホワイトチョコレートとふっくら柔らかなカステラ地

釧路空港で定番のお土産といったら『丹頂鶴の卵』は抑えておきたい一品

大きさは通常の卵の大きさよりも小さく、うずらの卵よりかは少し大きいくらい。
外側には中のカステラ地がうっすらと見えるくらいにホワイトチョコレートが生地を包んでいます。
このホワイトチョコレートも甘さが控えめで上品です。

釧路空港で定番のお土産といったら『丹頂鶴の卵』は抑えておきたい一品

中を割ってみると黄色い餡が見えます。
中はふっくらのバームクーヘンのような生地に卵の黄身のようなものが入っています。
この黄身の正体は、サツマイモの味がする餡で甘さ控えめです。
黄身の外側のカステラ地もふんわり柔らかく、本物の丹頂の卵のように優しく包んでいるのかな?と勝手に想像しながらいただきました。
寒い時期は少し温めて食べても美味しいのではないかと思います。

よくあるご当地土産とは違い、味も見た目も良いのでお土産でもらったら喜ばれると思います。
釧路空港に行ったらお土産にいかがでしょうか?

釧路空港に行けない人はネット通販から購入がオススメ

5個入りだと送料の方が高くなってしまうようなので10個での購入がオススメ

amazonタイムセールはこちら

スポンサーリンク

 - エンタメ情報, グルメ情報